いいわけはもうやめた。

要は本気出せるかどうか。

転売・せどりで、店舗仕入れとネット仕入れのメリットとデメリットについて考えてみた

f:id:marucomex:20170221195735j:plain

店舗とネット、どっちがいいの?

もちろん住んでいる環境や

行動を起こせる時間帯、

副業でされている方は本業の影響がどれだけあるか、など

個人個人で状況が違うと思います。

 

僕は実績だけで言うと、店舗仕入れがメインですが、

ネット仕入れも何割かはあります。

 

どちらが良いか、ということに関しては、

 

どっちも良い!笑

 

というのが正直なところで、

利益の取れる商品は、どちらが見つけやすいとか

どちらが良い。とは一概に言えません。

 

これから書いていく、

それぞれの仕入れのメリットデメリット

 

また、環境やあなたの性格がどちらに向いているか

参考にしてみてください!

 

 

店舗仕入れって?

まずは店舗仕入れからです。

 

そもそも店舗仕入れとはどういうものを指すのか

簡単に説明しておきます。

 

店舗とはどこを指すのか

店舗仕入れに使うお店についてです。

僕ははじめたばかりの時はわかりませんでしたが、

悩む前に行動したほうがいいのでお伝えしておきます!

 

重要なことは

どこでも仕入先になり得る。

ということ。

 

まずは小売店からの仕入れが易しいので

そこから始めてほしいのですが、

 

小売店というのは、いわゆる僕たちが

買い物をするお店ほとんど全部です。

 

服を買おうと、ユニクロにいく。とか、

食べ物を買いにショッピングモールに行く。とか。

電池を買いに電気屋さんに行く。とかです。

 

これを考えただけでも、

ユニクロ イオン ヤマダ電機

の3つの店舗が出てきます。

 

それ以外にも世の中には小売店はたくさんあります。

そこに売っている商品の中で、

ネットで販売されている価格と価格差があれば、

その差益で稼ぐ、というスタイルです。

 

形だけで言うと、ネット仕入れでも全く同じです。

現実の店舗に行くか、そうでないかの違いだけです。

 

どこの店舗でもいい、価格差があるものを仕入れるんや!

ってことなんです。

 

初めは買い物のついででも、

家から一番近いショッピングモールでも

どこでもいいと思います。

 

まずはリサーチしてみることです!(これテストに出ます)

 

僕もこの商売を始めてから、

職業病のように、店舗で売っている商品の価格と、

ネットでの価格を比べてしまうようになりました。笑

 

僕は店舗仕入れが好きなので、

片っ端からリサーチしたりすることがあります。

(これは効率的に考えても、良し悪しがあります。)

 

リサーチしてみてはっきり言える事は、

ネットの販売価格は安い!!!!

という事です。

 

これがつまりどういうことかというと、

仕入れられる商品って少ない!

という事なんです。

 

ただ、ここで注意してほしいのが、

『少ない』というのは、あくまで

『割合』の話です。

 

どういうことかというと、

店舗に色々な商品が売ってある中で、

ネットより安い(仕入れられる可能性がある)

商品の『割合』が少ないだけです。

 

10種類リサーチして1種類かもしれません。

でも100種類リサーチすれば10種類あるかもしれません。

1000種類リサーチすれば?

ということです。

 

ぶっちゃけ、ちょっとリサーチしただけだと、

ネットより安いモノ探すとか無理じゃん?

って思うのも無理はありません。

 

奇跡的にリサーチし始めて3つ目とかで利益が出る商品に

あたればいいですけど。笑

 

初めはどうしても時間がかかるものです。

www.marucomex.com

 

店舗仕入れも、慣れればどんどん無駄を省けますので、

利益の出る商品を見つけられる可能性は高くなってくると思います。

 

前置きが長くなってしまいましたが

メリットとデメリットについてです。

店舗仕入れのメリット

メリットとしては、

 

・商品の現物を直接確かめられること

それに付随しますが、間違いなく新品を仕入れられること

 

・値引き交渉のレスポンスが早いこと

「この商品少し値引きできますか?」「できますよ」

のように会話の流れで短い時間で完結できます。

 

・店舗や店員との関係性の構築のし易さ

これはデメリットにもなり得るので注意してほしい点ですが、

言葉遣いやマナーを守って、常識的に話を進めていけば

店員さんと仲良くなれることもあると思います。

 

仕入れがし易くなったり、値引き幅が増えたりします。

 

・購入してからのタイムラグが無い

 仕入れをしてすぐに持ち帰ることができる。

 

・一度にたくさんの商品(値札)を目にすることができる。

一つ一つの商品をクリックして確かめるネット仕入れとは違って

並んでいる値札を一気にみたり、リサーチすることができます。

 

・ワゴンセールや、特売品に出合えることがある。

 

などです。

 

店舗仕入れのデメリット

一方デメリットは

 

・交通費がかかる

・仕入れた商品を持って帰らなければならない為、

 移動手段が必要となる。

・長時間店舗に居座ることになる

・仕入れる商品が見つからないときには無駄足になってしまう

・お店が開いている時間しかリサーチできない

 

 などです。

 

メリットもデメリットもあって当然だとは思いますが、

デメリットはそのまま放置しておくのでなく、

解決方法を考えるようにしましょう。

 

店舗仕入れのデメリットの解消方法

 

交通費がかかる・商品がみつからない時無駄足となる

に関して重要なポイントは

 

事前の情報収集

です。

 

これには色々な方法がありますが、

主には折り込みのチラシや、ネットでの情報です。

 

これを事前に確認することで、

利益の出そうな商品、そうでない商品を

ある程度絞ることができます。

 

新聞とってないからチラシ見られないよ!って方には

Shufoo!がオススメです!

↓無料で使えるので、是非使ってみてくださいね!

チラシ・広告・キャンペーン・クーポン情報満載|シュフー Shufoo! あの店の情報も掲載中

 

仕入れた商品を持って帰るために移動手段が必要

に関しては

 

車を買いましょう!というのも無理なので、

難しい方は、

配送してもらいましょう。

 

送料はかかることが多いですが、

自宅まで宅配してもらうことも可能な店舗があります。

 

そこで重要なポイントは、

自宅までの配送料を加味して利益を計算すること

です。

 

利益のある商品を見つけた!

でも持って帰れない。

 

仕入れてみたら送料で利益なくなった・・・。

みたいなことにならないように、注意してみてくださいね!

 

事前に店員さんに聞いてみるのがオススメです!

 

長時間店舗に居座ることになる

に関しては

 

店員さんとの関係性を築くことが

とても大事になってきます。

 

あきらかに長考していると、

店員さんからジロジロ見られてしまうことがあるかもしれません。

 

そんな時のために、あなたから話しかけてしまいましょう!

「こんなの探してるので、また質問があれば言いますね!」

でもなんでもいいと思います。

コソコソしていると、逆に居辛くなるのでしんどいです。

 

お店が開いている時間にしかリサーチできない

に関しては、

 

逆転の発想をしてみましょう。

お店が閉まっている時間になにができるのか

という事です。

 

お店が開いている時間に店舗リサーチしたいのであれば

閉まっている時間で使える時間を、

それ以外のことでしっかり使うことです。

 

例えばネット仕入れの為のリサーチとか

納品の為の梱包とかです。

 

デメリットばかりに目を向けて、

足を止めてしまわないように、がんばりましょう!

 

ネット仕入れのメリット

・場所や時間を選ばない

 これがネット仕入れの最大のメリットと言っても

 過言ではないでしょう。

 

 夜中の2時だろうが、カフェだろうが会社だろうが

 スマホやパソコンとネット環境さえあれば

 いつでもどこでも出来てしまうわけです。魅力ですね。

・交通費がかからず、商品を運ばなくても良い

 配送してもらい、自宅まで届くわけですから、

 わざわざ出向くことがなく、運んだり積み下ろしする手間もないです。

 

・さまざまなポイントがつくことがある

 楽天ならば楽天ポイント

 ヤフーショッピングやヤフオクならばTポイントなどです。

 

項目は少ないように感じますが、

これだけでもネット仕入れのメリットは大きいと思います。

 

ネット仕入れのデメリット

・注文してから届くまでにタイムラグが発生する

 これ利益がでるから仕入れよう!と仕入れたとしても

 価格が下落してしまうことってありますよね。

 

 その下落はある程度は読めても、

 把握できない下落が起きることがあります。

 

 それを避ける為にできることは、なるべく早く

 納品し、なるべく早く売り切ってしまうことです。

 回転が早ければ資金面にも健全です。

 

しかし、ネット仕入れは注文してから自宅に届くまでに

 どうしても時間がかかってしまいます。

・量が膨大

 最近では、ネットショップやフリマアプリなど、

 簡単に参入できる環境が整ってきました。

 

 それゆえ、色々な商品が、色々な価格で出品されています。

 その中から、利益が出て、かつ「良品」を見つけなければなりません。

 

 「良品」とは、新品・中古関係なく、あなたが販売したいと

 思っているコンディションの商品の状態です。

 

ネット仕入れのデメリットの解消方法

・タイムラグが発生してしまう

に関しては

仕入れた商品をなるべく早く納品、出品する。

ということが基本となってきます。

 

ただでさえ届くまでに時間がかかってしまうので、

届いてからは最速で納品する、ということが

利益を逃さない為のポイントです。

 

・量が膨大

に関しては、

ジャンルや商品のカテゴリーをある程度絞る。

 

利益のある商品を探すというザックリとしたリサーチをすると

あれこれいろんなジャンルの商品を検索にかけてしまいます。

 

そうではなく、家電なら家電。

キッチンならキッチンというように、

絞って検索することをオススメします。

 

自分の好きなジャンルやカテゴリーは、

興味を持ってリサーチできるので、

ネット仕入れを始めるときには、

まずそこから始めてみるといいかもしれません。

※くれぐれも自分が出品できるジャンルかどうかは確認してくださいね。

 

まとめ

長々と書いてきましたが、

個人的に最強の仕入れパターンとしては、

 

  • 事前準備し、店舗仕入れにいけるときは向かう
  • お店が開いていない日、時間にはネット仕入れをする。

これをうまく組み合わせることで、

時間の効率化も図れることと思います。

 

金曜日仕事から帰って、店舗は難しいから

ネットでリサーチしてみる。ついでにチラシを確認する。

 

次の日情報を元に店舗をリサーチしてみる。

みたいな感じですかね。

 

あなたのライフスタイルとやりたい方法で

自分なりの仕入れのペースを作ってみてください!