いいわけはもうやめた。

要は本気出せるかどうか。

Amazonせどりで仕入れて成功した商品の特徴教えます

f:id:marucomex:20170319230231j:plain

特徴というより商品名とかどんどん書いていきます!

 

これみてくれている人とかって、

まだ始めたばっかりです!とか

ちょっと初心に戻ってみるか・・・。

 

って感じの人がいそうな気がするので。

 

月収100万いってるんだぜ!

みたいな人には「そんなこと知ってるワイ!」ってことも

多いと思うけどすんません!

 

まあ私は、

 

困ったら【プラズマクラスター】ですね!

 

シャープは出品規制もかかってないですし

なにより売れてますし!

 

まあ実は最初に見つけた商品がプラズマクラスターで。笑

 

ネットビジネス初心者の僕がアマゾンせどりで初めて転売して利益がある商品を見つけた時の話 - いいわけはもうやめた。

 

もうそこから大好きになっちゃいました。笑

 

 

 

プラズマクラスター愛

ここからは、私がプラズマクラスターがどれだけ好きか

っていうお話・・・じゃなくて

 

店舗仕入れにしても

ネット仕入れにしても

 

プラズマクラスターの商品があると、

「おっ?!」ってなってすぐリサーチしようとします。笑

 

でもこれもあながち悪いことでもなくて、

特定の商品に興味を持ったり、

偏ってリサーチしたりすると、

 

その周辺の商品の商品知識が一気につきます。

 

商品知識がつくっていうのは本当に大事なことで

これが積もっていくとリサーチもすごく楽になっていきます。

 

空気清浄機といえば

 

プラズマクラスター

ナノイー

 

ですよね!

 

ですよね!って

「知らんわ!」っていう方もいるかもしれませんが、

 

正直これはカタイと思います。

 

この二つ買っとけば間違いないよ!みたいなね!

 

ネームブランド的な勢いがあります。

だからこそ売れるし、

売れるに値する性能がついてます。

 

ちなみに、ナノイーはpanasonicなんですが、

現在はメーカーの出品規制がかかっているので、

申請を出して、通過しない限り

出品することができません。

 

出品規制がかかっている商品に関しては、

こちらの記事で書いているので、

参考にしてみて頂ければと思います。

 

アマゾン転売におけるメーカーの出品規制について - いいわけはもうやめた。

 

 

超高回転で爆売れしている意外な商品

転売で主流とされているもののジャンルに

 

家電製品や

コンピューター関係、その周辺機器

 

など、得意とするジャンルは違うものの

 

デジカメ!

とか

プリンター!

 

とかってよく転売の商品として紹介されていたりします。

 

そんな王道でなく、

意外なジャンルで、

利益が取れて、めっちゃ売れてるっていうものを

紹介しておきます。

 

まず、

 

水道の蛇口

シャワーヘッド

 

など水周り商品です。

 

普通の購入者目線で考えたときに

なかなかリサーチに手がいかないジャンルかとは思います。

 

消費者目線に立ってみる(超重要)

 

商材をリサーチするときに、

 

自分が何が買いたいか?

どんなものが売れているか?

 

っていうことを単純に考えることは

最初の段階でとても必要なことですが、

 

第二段階として、

自分が消費者という考え方から一歩外に出て、

 

誰がアマゾンを使って商品を購入しているのか?

 

ということを考えてみると

リサーチの幅が格段に広がります。

 

先ほどの水道の蛇口やシャワーヘッドは

一般の消費者が、

自分で水道工事をするとは考えにくいですよね。

 

では誰が購入するのか。

おそらくは業者さんです。

 

さらに掘り下げて考えてみると、

 

もし戸建ての一軒家を建てるときに

水道の蛇口をアマゾンで購入するとしたら?

 

購入数は一度に複数個になるのではないか

ということも予想できます。

 

自分が購入するのではなく

自分以外の世の中の人が

 

どんな目的で

どういう商品の購入の仕方をしているのか

 

を考えていくと

利益のとれる商品を見つけやすくなっていくことと思います。

 

まずは業者さんの目線

 

水周り商品(水道の蛇口、温水洗浄便座)

 

プレゼントする人の目線

 

お店に買いに行きたいけど行けない人の目線

 

お店から持ち帰るのが難しい人の目線(土、テレビ、ブロック)

(重いものや大きいものなど)

 

いろんな目線でアマゾンを使っている消費者の方がいる、

ということを意識するだけでも、

 

もしかしたらこんなもの売れているんじゃないか?

という発想から、

 

幅が広がっていくことと思います。

 

扱う商品が増えると、

良いこと尽くしなので、

 

是非広い分野で仕入れが出来るように、

色々な目線でリサーチにあたってみてください。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!