いいわけはもうやめた。

要は本気出せるかどうか。

交通事故に遭って(を起こして)トラブルになった場合に備える!

f:id:marucomex:20170622235122j:plain

私は以前、保険代理店に勤めていたことがあります。生命保険、自動車保険、自賠責保険など、色々な種類の保険を扱っていた代理店でした。

 

自動車保険を扱ったことがある身として、事故に関わった時にはこんなことには気をつけて!というお話をします。

 

あなたが事故を起こしてしまった場合も、事故に巻き込まれた場合も、どちらにも関わるお話なので、いざという時の為に覚えておいてくださいね。

 

 

事故現場でお金の支払いの話はしてはダメ!

あなたが運転中(車が動いている時)に事故が起きた場合、「いまのは私が悪かったなぁ…」と思ったとしても、

 

その場でお金の支払いの話をしてはいけません。もちろん、人として相手のケガや状態を気遣うことは忘れてはいけませんが、

 

過失割合(どちらがどれほど悪かったか)を決めるのはあなた自身ではありません。

 

お互いが任意保険に加入していれば、保険会社の担当者同士が事故に関わった人たちの話をよく聞いて決めることになります。

 

警察が過失割合を決めると勘違いしている方がよくいらっしゃいますが、そうではありません。あくまで警察は実況見分をして事故報告書を作成するだけです。

 

なぜ事故が起きたその場で支払いの話をしてはいけないかというと、その場で「わたしが払います」などの発言をしてしまうと、

 

過失割合が決定した際に相手が「払うと言ったじゃないか!」などと納得されず話し合いが長引くことがあるためです。

 

そういうケースは本当に多かったので注意してくださいね。事故が起きた直後は、パニックになってしまう方がほとんどです。

 

自分も相手もケガが無いようなら、少し落ち着いて「あとのことは警察と保険会社に任せよう」と人任せになってしまった方がかしこい選択です。

あなたと相手の主張が食い違う場合

f:id:marucomex:20170622235632j:plain

例えば、

「あなたは青信号で進んだ自信があるのに、相手には赤信号だったと言われた。」

 

これは極端ですが、事故が起きた際に双方の言い分が食い違うことも少なくありません。こういう場合も、それを当事者同士で喧嘩をしてもなんの解決にもなりません。

 

警察と保険会社の担当者に主張しましょう。相手にどれだけ何を言われたとしても直接言い返す必要はありません。

どうしても過失割合の配分に納得がいかない場合

どう考えてもおかしい!こんなの納得できない!とどうしてもゆずれないという事故に遭遇してしまうこともあるでしょう。

 

その場合は最終手段「弁護士」に登場してもらうしかありません。

 

弁護士は全面的にあなたの味方になって冷静に協議を進めてくれます。絶対に納得できる形で終われるとは限りませんが、ここまでやればそれ以上は打つ手がないでしょう。

 

しかし、弁護士に弁護してもらおうと思うと、それなりのお金が必要になります。過失割合の為だけに弁護士を雇うと結局は赤字になってしまうかもしれません。

 

お金の為だけに弁護士に依頼する場合は、赤字にならないか注意してください。

弁護士に依頼する前に必ず確認してほしいこと

どうしても納得できない、許せないという場合は赤字覚悟もしょうがないと思います。

そして弁護士に依頼する前にひとつ確認してみてほしいことがあります。

 

それは「弁護士特約に入っていないか」ということです。各会社の保険商品にはそれぞれ特徴があります。

 

どの保険会社の商品にも必ずあるわけではないですが、弁護士特約という弁護士に依頼する特約がついている保険商品があります。

 

もしあなたが自動車保険加入時にこの特約についていれば、条件の範囲内で弁護士に依頼することができます。

 

気付かないうちに入っていたりすることもあるので、是非確認してみてください。

 

また、今は特約に入っていないけど、もしもそういうことがあったら弁護士に頼みたい!と思う方は、弁護士特約に入ることも検討してみてはいかがでしょうか?