いいわけはもうやめた。

要は本気出せるかどうか。

大学を3年で中退した。後悔していないけど後悔している話

f:id:marucomex:20171115220220p:plain

私は高校を卒業し、現役で入学した私立大学を3年次に中退しました。


主な原因は、パニック障害を患ったからです。この流れに関しては、

 

 

www.marucomex.com

 

 

に書いている通りです。


正直、病気がきっかけだったというだけで、あのまま通っていても辞めていたかもしれませんが…。

大学生活は楽しくて、為になったか?物足りなかった

f:id:marucomex:20171115221115p:plain

その大学生活を総じて『楽しかったか』と聞かれれば答えはNOです。物足りなかった、楽しいと感じなかった。と言うのが本音です。

 

大学生活の中で唯一、私が心から楽しかったといえるのはバンド活動ぐらいです。


この物足りない感覚は、今現在も続いています。

 

さらに、『通ったことに意味はあったのか、タメになったのか』と聞かれれば、この答えは非常に難しいですが、ほとんどNOに近いです。


大学に通った3年間が無かったら今の自分はないだろう、ということも無いので、そのような感想になっています。

 

このようになにか物足りない感じから、

おれは(私は)何者かになれるんじゃないか?こんなところでくすぶっている場合なのか?

という気持ちが生まれるのも、わかる気がします。

 

大学を3年で中退して後悔しているか?していない。

f:id:marucomex:20171115221306j:plain

大学に3年間通い、そして中退したこと。どんな理由があったにしろ『辞めたこと自体』は後悔していません


むしろ怠けて腐りきっていた大学生活に終止符を打って療養し、社会人になるのを早めたと思えば、良かったとさえ思うこともあります


学費や仕送りをしてくれた親には本当に申し訳なさ過ぎて、頭が上がりませんが…。

大学を3年で中退してからこれまでの両親に対する想い

f:id:marucomex:20171115221418j:plain

ここまでに、

楽しくなかった。
タメにならなかった。
後悔していない。

 

など…好き勝手に書いてきました。


しかし、全てに関して応援してくれて、精神的にも経済的にも全力で支えてくれた両親には、本当に申し訳ないことをしたと思っています。

 

大学中退してごめん…というのはもちろんですが、

 

それ以上に


大学に行かせてくれていた、中退することになった時の気持ちを汲んであげられなくてごめん…という方が大きいです。

 

大学を辞めたこと自体には後悔していませんが、大学を卒業した姿を両親にみせられなかった後悔は今も感じ続けています。

 

辞めた直後は、もちろんお金を無駄させてしまったな…という気持ちはありました。

 

f:id:marucomex:20171115221806j:plain

 

今から4年前、私自身が親になって、申し訳なかったなという気持ちはさらに大きくなりました。

 

どれほど応援してくれていたか。
わが子のためならお金を出すことにはなんら苦痛を感じない、という気持ち。


お金なんかじゃ量れない両親の気持ち結果的に踏みにじってしまったことを知りました。

 

この申し訳ない、という気持ちを文章にするのは本当に難しいです。

 

今となっては、面と向かって「本当に申し訳ないことをしたし、感謝してる。」と伝えられるようになりました。

それも自分自身が親になったからだと思っています。

 

大学を中退した21歳、初孫が誕生した25歳。

初孫を抱いて満面の笑みを浮かべている両親の顔を見て、初めてほんの少し、本当に少しだけ親孝行ができたのではないか?と救われた気持ちになったことを覚えています。

 

両親にはこれからも、なにかしらの方法で恩返しができたらと思うばかりです。

中退した当時21歳の自分にアドバイスするならばなんて言う?

f:id:marucomex:20171115221532j:plain

4歳の子供を持ち、アラサーになった今、当時の自分に言うことがあるとすればこうです。

 

休学後、復学してでも大学を卒業しなさい。

 

まずは最低限卒業するための単位をとることに集中し、残った時間を本気で生きなさい

 

遊びでもバンドでもスポーツでもなんでもいい。ビジネスでも。

単位をとるための時間以外に残る時間はたくさんあるはず。

大学生はお金も時間も制約がない、ボーナスタイムみたいなもの。

 

大学に行きながらじゃできないことなんて、ほとんどないはず。
大学に行きながらできないなら、それはきっと辞めても達成できないでしょう

 

今になって思います。なぜあんな有益な時間をドブに捨てるようなことをしたのか。

 

ここだけをとると、大学を辞めたこと自体に後悔してる、という風に写りますが、そうでもありません。

 

  • 現在の知識と経験を踏まえてのこと。
  • 自分自身が親になって感じること。
  • あと1年分単位をとれば卒業できていたこと。
  • 大学に在学している間にできることの多さを知っていること。

 

を全て踏まえた上での選択をするならば、ということです。
当時と現在ではまるで違うので、当時の選択としては後悔していません。

 

大学を中退しようか迷っている君へ

 

お金を支援してもらったから辞めるのをとどまれという気はありません。


そうではなく、その支援や応援の陰にどんな想いがあったかを考えられる人になってほしいということです。


それが少しでもわかる、今は無理でも将来わかるならば、どんな選択をとっても親はあなたのことを誇りに思うでしょう。