いいわけはもうやめた。

要は本気出せるかどうか。

アマゾン転売の家電量販店仕入れのちょっとしたコツと心構え

f:id:marucomex:20170216215455j:plain

特に初心者の方々に告ぐ

お前もまだ初心者じゃん?って思った人。正解)

 

でもでも、ほんとに今から始めます!って方にも、

勇気をもって色々行動してほしいので、身分をわきまえずに書きます!笑

 

販売先が、アマゾンだけじゃなくても、

正直アマゾン一番安いことが多いので

転売しよ!って思って探すときには

少しは参考になる部分もあると思います!だからみてね。笑

 

転売で稼ぐとか無理ゲーだろ!

小遣い稼ぎにもならんわ!って思ってる人。

 

最初は僕もそう思ってました。

 

でも何かしらの経緯があって、転売に興味を持って

やってみようと思ったんですよね?

 

だったら一度やってみよう!

 

特に店舗仕入れは宝探しみたいで楽しいですよ。笑

 

まず何から準備しよう?

 

 心構え

一番必要なもの!そう!

それはメンタルとモチベーション

 

体育会系のノリですど、ふざけてるようでふざけてないです。笑

 

実際これが根っこの部分に無いと、

 店舗仕入れって結構すぐやめたくなっちゃうかもしれません。

 

まあまず最初に想像できる初めの段階での感想としては、

「店員さんの目が気になる・・・。」

「見つかる気がしない・・・。」

 

とかその辺でしょうね。

実際僕もそうでしたし、

電気屋さんって、普段は目的無く行くことってあまり無くないですか?

 

電池がほしい!とか

ドライヤー見てみたい!とか

目的持って行くことが多いわけで。

 

店員さんに、

「なにかお探しですか?」なんて話しかけられた時には…!

 

(いや…なにも探してないんだけど…どうしようもう帰りたい)

ってなっちゃいそうですよね。

 

 そもそも「リサーチすること自体」を恥ずかしがるとかは、

気合で乗り切りましょう。笑

もはや慣れです!

 

リサーチすること自体に慣れてきても、

店員さんに話しかけられたらどうしよう、とか

同じもの3つも買って怪しまれないかな、とか

初めのころはいろんな不安が付きまとうものです。

 

キャラ設定

そういう不安には、

「キャラ設定をしていく」ことがオススメです。

 キャラ設定とは、

忘年会のために景品を探しているサラリーマン

とか

イベント関係の仕事でプレゼントを探しているOL

とかですね^^

 

その前提なら、いろんな商品をじっくりみていても、

同じ商品を複数個買っても、怪しまれにくいと思います。

 

まあこのキャラ設定の目的は、怪しまれないこと、というより

ドヤ顔でリサーチできるかどうかの方がメインですけどね。笑

 

心の準備が出来たらレッツリサーチ!

ここで僕も実践している、

家電量販店のリサーチの際に、

意識していること(コツ)をお伝えします^^

 

1.まずは店内をサクッと一周。

はじめのころは、狙いの商品とかも特に決めず、

店舗に向かうことが多いと思います。

 

すぐにリサーチしたくなる気持ちもわかりますが、

 

「どんなものが、いくらぐらいで売っているのか」

を知ることは、とても大切なことです。

商品知識がつくと、あらゆる面でメリットがあります。

 

サクッとでいいので、色々な商品を見てみましょう^^

 

処分品で安くなっている商品や、

ワゴンセールをみつけることもできるかもですよ!

 

2.自分で出品できるカテゴリやメーカーの商品をリサーチする

販売先をアマゾンにする場合は特にそうですが、

出品できる商品と出品できない商品があります。

 

それを把握してリサーチをすすめないと、

出品できない商品をリサーチし続けても、

時間が無駄になってしまいます。

 

初心者はとにかく慣れるまでは

全頭リサーチ!(商品を片っ端からリサーチすること)

とは言いますけど、

自分が出品できる商品を、リサーチしましょう!

 

上記とは矛盾しているように感じるかもしれませんが、

自分が出品できる商品と、出品できない商品を知る為に

はじめは色々な商品をリサーチしなければ覚えることができません。

 

効率よくするための、遠回り、といいますか。

必要悪…といいますか。

 

こういうことも踏まえて、最初は

とにかくリサーチしまくりましょう!ということなんです。

 

出品の可否を調べる方法としてシンプルな方法が、

スマホのアプリ【Amazon celler】を使うことです!

 

それこそアマゾンのヘルプを探せば、

カテゴリーやメーカーについて詳しく記載がありますが、

全て調べて暗記する…というのも現実的ではありません。

 

セラーアプリの詳しい使い方については、

長くなってしまうので、別記事に書く予定ですが、

簡単に説明しておきます。

 

■Amazon celler アプリの使い方■

※バーコードスキャン機能を使う場合(推奨)

商品のバーコードを探し、アプリの読み取り機能で読み込みます。

アプリ上の操作としては、

商品登録→カメラマーク    でスキャンできます!

 

家電製品は基本的に展示品が展示してあって

その下に値札がついてますよね。

そこのバーコードでスキャンできるお店もありますし、

できないお店もあります。

もし値札のバーコードでスキャンできなくても

あきらめちゃだめですよ!

あと2回チャレンジできます!笑

 

まずは値札以外のバーコードを探してみる!ことです。

展示品に、棚卸し用のバーコードがついていることがあります。

それを読み込む!または、

リサーチしたい商品の、外箱がわかれば、外箱に必ずバーコードがついています。

それを読み込んでください!

 

もしもバーコード全滅の場合…。

まだあきらめちゃいけませんよ。笑

 

バーコードの数字を見つけてみてください!

ほとんどの場合、値札についていると思います。

JANコードといって、日本の商品は、45や49から始まります。

 

知っている方も多いと思いますが、

バーコード=JANコード です。

JANコードの数字の羅列(例:4549123456789)を

形に表現したものが、バーコードとなります。

 

なので、どうしても読み込めるバーコードがみつからないときは、

JANコードを直接打ち込んでみてください!

 

それでも商品検索に引っかからないときには、

おそらくAmazon.co.jpにはまだ出品されていない商品の可能性が高いです。

はじめのうちは、検索にかからない商品は、

どんどんスルーしていきましょう!

 

まとめ

とにかく数をこなして、

値札と価格差がある商品を探すほうが先決です!

 

話が右に左にそれて読みにくい文章になってしまいすみません^^;

 

実際に店舗に言ったときのことを想像しながら書くと、

はじめのころはあんなことからこんなことまで、

全部わからなかったなーと思って書いてしまいました。

 

これからやってみるよ!っていう方に

少しでも参考にしていただけたらうれしいです!