いいわけはもうやめた。

要は本気出せるかどうか。

ブログ書き出して、ブラインドタッチの恩恵に初めて気づいた。習得できた訳と練習方法を書いてく。

f:id:marucomex:20170216205304j:plain

ブラインドタッチってなによ?

いや、そもそもブラインドタッチってなんなの?

っていう人もいると思うので、

一応説明しておくと、

 タッチタイピング(英: Touch typing)とは、パソコンやワープロにキーボード入力を行う際に、キーボード面の文字刻印に頼ることなく、指先の感覚だけを頼りにしてキーを叩くタイピング技法。 ブラインドタッチタッチメソッドとも呼ばれる。wikipediaより引用

ってことなんですよ。

は?意味わかりません。って人にはざっくり噛み砕くと

 

「目つぶってもキーボードうてちゃうぜ!」ってことですね。

 

要は、どこに何のキーがあるかを全部把握してるのと、

どの指でそのキーを押すかっていうのが

常に同じだからそういうことができてしまうやつです。

 

どうやってんのそれ?

 

 

おそらく、図解で説明するのが一番わかりやすいと思う。

人の力に頼りまくる僕は探しました!

そう!これ!

f:id:marucomex:20170216210446p:plain

リンクフリーでしたのでお借りいたします

これ、覚えたら打つスピードめちゃくちゃ速くなりますよ。

 

僕はまだブロガーなんてなものじゃないので、

あんまり良いほうに影響が出てないですが、

それでもやっぱり、少々の長さの文章を打っても

ほぼノンストレスで、さくさく打つことができます。

 

中学校の時に与えられたパソコンから

親父がパソコンを使った仕事をしていたこともあって

中学校の時にはデスクトップのパソコンと、

ノートが1台ずつ家に置いてあった我が家。

(当時は結構な高い買い物で、みんなの家にあるというものでもなかった)

 

時代を感じる、みたいな感想は心にしまっておいてください。

平成生まれの諸君、パソコンが当たり前になったなんて、

いい時代になったものだ!

 

まあもちろん携帯もそんなに普及してなくて

中学時代同級生が持っている人なんて、1人とか2人とか、

そんな感じでした。

 

好きこそ物の上手なれ

とはよく言ったもので、

なんで僕がこれを覚えられたかというと

「好きな人とのメール」

をする為でした。笑

 

当時携帯なんて持たせてもらえない

電話も長電話なんてできない!

でもメールしたい!

 

そうなったらパソコンしかないっ!

 

ってパソコンでメールを始めたんです。

そこで母親がワープロ(死語?)をしていたこともあって

ブラインドタッチを教えてくれました。

 

最初のころは、

うううううううううううう、人差し指でうちたいいいいいい

ってなってました。

 

どうやって身についたか

とにかくはじめは、

「abcdefghijk・・・・・・・・・・・」

ってうちまくってました。

 

とにかくアルファベット順に

からだに染み付くまで打つべし打つべし!!!

 

部活より本気でやってたなぁ・・・。

 

それができるようになると同時ぐらいに

今度は

「あいうえお かきくけこ さしすせそ・・・・」

を打つように。。。

 

ここまできたら、もうあとは

下心パワー全開で、上達あるのみ!

 

大事なのは反復練習

指先だけをカタカタ動かすだけだし、

正直かなり地味な作業の繰り返しにはなるけれど

 

反復あるのみ。

ひたすら、指のポジショニングを守って

文章を打ち続けることに徹する。

 

もし、ブログを書いたり、

お仕事でパソコンで文章を入力する方は、

 

最初の一歩目はぐっとこらえて

ブラインドタッチに徹すれば、

 

習得した先には、

スラスラスラ~~~っと

ノンストレスで文章を思うままに打てる

能力が身についていくはずです。

 

僕は勝手に身についてましたが、

これで得したことってたくさんありますよ。

 

遅いよりは速いほうがいいです^^

まずは、abcde・・・